建売新築一戸建てのメリットとデメリット

新築一戸建て住宅を購入するにあたって、候補にあがって来るものの1つが建売住宅の購入です。私も注文住宅を建設するのか、建売住宅を購入するのかで非常に悩みました。建売住宅を購入するメリットは、なんといっても価格にあります。同じような建物を注文住宅で購入するよりも3割から4割程度安く買うことができます。私もこの魅力に惹かれて、いくつかの建売住宅の見学会に参加しました。そこで見えてきたのが、価格面のメリットに対してのデメリットでした。
まず1番最初にデメリットを感じたのか、スタンダードな装備が揃っていると言う所でした。例えばタンスの大きさやキッチンの大きさなどは、標準的な人の大きさを意識して作ってあり、身長や利き手によっての使いやすさが考慮してありませんでした。
いくつも同じような形のものを大量に作ることによって、価格を下げている建売住宅だけあって、万人に使いやすい設計がされています。これが受け入れられる人には良いかもしれませんが、こだわりのある人には建売は厳しいなと思いました。