蓄電池を利用した住宅について

二次電池とも呼ばれる電気を蓄えて繰り返し使える化学電池すべてを蓄電池と呼びます。電気は発電するより蓄えること難しくて、それは太陽光発電の電気でも同様です。ですが、東日本大震災契機として災害時の停電、電力不足時の非常用電源として電気蓄えられる蓄電池に注目集まることになりました。そして家庭用畜電池は災害時のバックアップ電源にとどまらず、いま住まいのゼロエネルギー化を推し進めるための大事な電源装置として認知が進みます。蓄電池はその容量によりどれぐらいの電気たくわえられるのかがことなってきて、容量おおきくなって本体も大きく価格高額となります。オムロン、シャープなどおおくのメーカーから蓄電池販売されていて、蓄電池のほとんどが15kwh以下のものと思って差し支えありません。そして、これより大型は設置スペースからも家庭に導入するのは現実的ではありません。家庭用蓄電池でつかわれる蓄電池は定置式蓄電池、移動式蓄電池に分かれます。s