壁紙の色は予想通りには行かない

注文住宅を建てると壁紙までカタログから選んでいくことになるのですが、そのカタログは実際の壁紙を触れるようになっており、小さく切ったものが本のようになっていました。大変参考になりましたし、壁紙だけでこんなにも種類があるのかとびっくりしました。トイレは柄物でも良いかなとつる植物の柄を選んだのですが、それぞれの部屋には白を基調としたものを選びました。ところが、ちょっと色がついたものを選んだつもりでも、実際に壁一面に張り巡らされると全部一緒に見えました。白に見えるのです。それでわかったのですが、近くで小さく切られた壁紙は色の違いが明確に見えるものの、視界に飛び込む面積が大きくなればなるほど色の違いは認識しにくかったです。まあこれはこれで良かったのですが、もしこれから注文住宅を建てるぞと予定している方には気を付けていただきたいなと思いました。もっと色の濃いものを選んでも白っぽく見えて意外と無難だと思います。